アルベックス 高橋聡
ホームページ集客に役立つ豆知識

常識はずれの、アポイント取得法とは?

常識はずれのアポイント取得法ですから、これからお話しする内容は馬鹿げています。

たぶん信じて頂けないと思います。ただし、一つだけはっきりしていることは、 トヨタ自動車、オムロン等、どうしても会いたい場合は、私自身がこの方法でアポイントをとってきたという事実です。

伝手も何もない、途方に暮れたゼロの状態です。そこから会うべきキーパーソンを探し出し、アポイントをとって、訪問する。この一連のプロセスが、あまりにも馬鹿らしい一つの行動から始まり、自然な流れに乗って達成されます


アポイントを妨げる3つの壁を知る。

1.アポイントの最初の壁は、名前と連絡先が分らないことです。

これが最大の壁といってよいでしょう。ふつうは名簿会社からリストを購入したり、自社で整理して作成することになります。しかしながら、無作為に集めたリストは効率が非常に悪い。効率を考えれば、目指す人をピンポイントで狙う必要があります。

2.次に重要なのは、コンタクトする正当理由です。

正当理由とは、「どのようなルートで連絡先を知ったのか」と「どうして私に会うのが、メリットになるか」の2つです。この2つの説明なしでアポイントを取っても、相手は不審に思い会うことを、ためらってしまいます。

3.最後は、アポイントに相応しいアプローチ方法です。

いきなり電話をかけて、甲高い声で話続けたら、相手は聞く耳を失います。特に電話は相手の状況に構わず、アプローチするので、良い方法とはいえません。虫の居所が悪ければ、「いま、忙しいので・・・」と電話を切ってしまいます。

どれほど素晴らしい提案でも、一度断られた相手に電話し直すのは、大変なエネルギーが必要です。相手が安心してアポイントを受け入れる、静的なアプローチが鍵になります。


アポイントをとるための、最初の一歩とは?

以上、3つの条件が揃うことで、アポイントは確実になります。それでは、具体的に何をすれば良いのでしょう? これは決して難しいことではありません。誰もが簡単に、お金を払うことなく可能な方法があります。

それは、アポイントをとりたい人を、小さな紙に書いて持ち歩く

これだけです。たとえば、「株式会社○○の生産技術部で、・・・に興味のある人に会える」と名刺大のカードに書く。そして夜寝る前に紙を眺め、アポイントが取れて、嬉しくて飛び上がっている自分を想像してください。ニタニタ笑ってもらうと、なお良いです。

「ふざけているなぁ、・・・」

もしかしたらあなたは今、こう思ったかもしれません。そんな非科学的なアポイントの取り方を、期待した訳ではないと・・・。「紙に書け、ニタニタ笑え」だと!

ただ、誤解しないで下さい。私は決してふざけていません。このページは、けっこうな人数の人が読んでいます。いい加減なことを書いたら、コンサルタントとして、私の信用に関わります。

もちろん今伝えている内容が、常識はずれのことは、私もじゅうぶん分っています。ですので、どうしてこんなことでアポイントがとれるのか、もう少し詳しく説明しましょう。


どうしてこの方法は、アポイントを取りたい人が見つかるのか?

最初に考え方を、逆転させてほしいのです。

あなたは今、アポイントを取る人の名前が分らなくて、困っています。連絡先も分りません。それは事実でしょう。ただ実際に必要な情報は、目の前に揃っているのではないか。あるにも関わらず、自分に見えていないだけではないかと。こう捉え直してください。

人は日々膨大な情報に接しています。その中で、自分に必要な情報だけを取り出しています。このような脳の働きは、色々な本が説明しているところです。

「目が悪くなったなぁ」と思えば、めがね屋さんのチラシに目が止まります。子供が受験生になった途端、「あれ、学習塾のチラシって、こんなにいっぱい来てたっけ・・・」こう思ったこともあるのではないでしょうか。

あなたがアポイントを取りたい人は、毎日の仕事と何らかの関連性をもっています。決して突飛な人を、探そうとしているわけではありません。仮に目の前に必要な情報が流れているとすれば、それが引っかかる仕掛けを作ればよいことになります。

やり過ごさないためには、あなたの無意識に「探す」というアンカーを打たなければなりません。その役割を小さな紙に託すわけです。


アポイント取得に向けて知っておくべき注意点とは?

もし、信じていただけるのであれば、「アポイントが取れたら良いなぁ」と思う人を紙に書いてみてください。あまり理屈を話しても、意味のないことですから・・・。ただ紙に書いた後、どのような展開になるかを知っておくと、お役に立つので注意点としてお話します。

紙に書いて持ち歩く。毎晩寝る前に眺めておく。これを続けると、ヒントが来ます。名前と連絡先がズバリ目の前に来ることはありません。来るのはヒントだと思ってください。ヒントとは、「あれ、何か変だぞ」と感じる出来事です。

感覚的な説明で申し訳ないのですが、ふつうとは違う、なにか違和感を感じる出来事です。そして、ひっかかりを感じたら、その感覚に正直になって調べてください。必ずあなたが、調べるという自発的な行動をとる必要があります。


こうして、アポイントに向けた第一歩が始まる!

私がアポイントを取ったとき、ヒントは「プラスチック」という言葉でした。目の前に座っていた営業マンが誰かと電話で話していたのですが、やたら「プラスチック」という言葉を連発したのです。

販売していたのは、金属加工の設備だったので、「プラスチック」という言葉に違和感を感じました。いったい何だろうと思い、引出しの奥にしまってあった、技術論文でプラスチックに関する記事を探しました。そうしたら・・・。

そこには、まさに私がアポイントを取りたい人の論文がありました。名前と連絡先が書かれていただけではありません。アポイントを取るために必要な「コンタクトする正当理由」までが書かれていたのです。

この時は技術論文でしたが、これは一例に過ぎません。ホームページを見た場合もあれば、新聞記事に出ていた場合もあります。


いかがでしょうか?

そんなの偶然だよと片付けることも出来ます。ただ色々試してみると、必ずしも偶然という一語で片付けられる話でないことが分りました。

もしここまでお読みになって、ご興味をもたれたなら、特別レポート「常識外れのアポイント取得法」(PDF版)をお読み下さい。

このレポートには、ここまで話した内容がもっと詳しく書かれています。さらに連絡先が分って以降、どのような内容の文章を書き、それをどのように相手に届け、その結果、相手がどんな返事を返し、訪問営業にいたったのか。

2つのケースを取り上げ、ノンフィクションで詳しく書いています。ピンポイントでアポイントを取りたい方のお役に立つ、価値あるレポートです。

ご興味のある方は、下記よりメールアドレスをご登録下さい。今すぐ誰でもダウンロードできます。

  1. ご登録されると、すぐにメールが自動返信されます。
  2. 自動返信メールの最後に、ダウンロードURLとパスワードが書かれています。

マーケティングと営業が60秒で分る、メルマガ「売りの急所、60秒!」

  • 「マーケティング」と「営業」の急所が分り、気づきを得ることが出来ます。
  • 毎回、1テーマ、60秒で読み終わるので、時間を無駄にしません。
  • 無味乾燥な言葉が続いたり、売りを誘導する内容ではありません。
  • 「いつも素晴らしい気づきを、感謝です」「少しずつですが、社員が変化してきております」「無料では、もったいないですね」こういった嬉しいご感想も多く頂いています。
  • 配信頻度は3日に1回。14回までは営業系、以降マーケティング系に移ります。
  • いつでも、ワンクリックで、解除できます。
  • 短いので、携帯でも読むことが出来ます。
メールアドレス:
なぜ私は「売りの急所、60秒!」へのご登録を勧めるのか?

 


株式会社アルベックス
Copyright (C) Satoshi Takahashi and ULVEX Inc. All Rights Reserved