アルベックス 高橋聡
ホームページ集客に役立つ豆知識

製造業、営業戦略の急所とは?



製造業の営業戦略を考える上で、急所はどこなのかをご説明しましょう。

ご存知のように、営業活動には金がかかります。そして受注できなければ、すべてが無駄。

・ 次へ向けて人脈ができました!
・ お客さんも強い関心を持ってくれました!
・ 今後の製品開発に向けてヒントが得られました!

こんな慰めや、能書きは一銭にもなりません。営業活動に求められるのは、結果をだすこと。だからこそ、少々経費がかかろうが、多くの経営者は耐える訳です。結果を待って。

その一方で、月次決算のたびに思ってしまいます。

「なぜ、こんなに営業経費がかかるのか?」
「ガソリン代に交通費、販促費に交際費、はたまた営業マンの人件費。もう少し、効率的にならないのか」

そして、営業会議で激を飛ばします。「もっと、効率的に客を回れ」と。

どうにかしたい、けど営業の足が鈍れば、受注が下がってしまう。このジレンマがあるために、多くの会社が行き詰まっています。

「効率的な営業を」、言葉は簡単ですが、実行できている会社は、ほんの僅かです。

何が問題なのでしょうか?

それは、営業活動の最も非効率な部分、そこにフォーカスしていないのが原因です。営業という美名のもとに、時間と金を無駄にしている部分。

それは、訪問してから引合いを得るまでにかかる時間です。

この部分に時間と金がかかり、なおかつ最も不確実要素が多いのです。
特に、新規開拓の場合は、べらぼうな時間がかかります。

製造業の営業戦略を考える上で、ここを確実化し自動化することで、営業活動は180度変ります。

営業が営業本来の活動に専念できる、すなわち、「何かありませんか?」という探索モードの営業から、 「○○の件はいつ頃ですか。」と、絞込みモードの営業に変るのです。

このような仕組みを作るのは、決して難しいことではありません。案件をもったお客から問合せが自動的に来る仕組みがあれば、よいのです。

多額の設備投資が必要なわけでもありません。どんなに小さな会社でも、実行することができます。ちょっとしたマーケティングのコツさえ分かれば誰でもできることです。

今回、このノウハウの概略が分かる特別レポートをご紹介します。

小予算で引合いをアップさせる製造業の営業戦略とは・・・?」(A5版 67ページ)

ちなみに、この冊子を読むと次のようなことが分かります。

・ 多くの会社が犯す営業戦略の過ちとは・・・?

・ 生産財営業の常識が抱える15のうそと5つの誤解

・ 具体的に踏み出すための、最初の一歩は何か?

・ 自社製品がない場合の対処法とは・・・?

・ どのような製造業で、このノウハウは開発されたのか・・・?

・ 全ての業界に使えるのか? また、その理由は何か・・・?

ちなみにこの方法を実行したある会社では、今まで月に1件引き合いがあるかないかの状態だったのが、 月に30件以上引合いが来るようになり、てんやわんやの騒ぎになりました。

別に展示会に出展したわけでもありません。 新聞や雑誌に広告をうった訳でもありません。かかった金額は月に1万円くらいでしょう。

また、ある会社では、実行後2年が経って、その間まったく何も 手を加えていないのに、効果が持続していると報告されています。

また、ある会社では、実行後3ケ月で500万円の 生産設備を新規顧客が購入された。
さらには、実行後半年で東証1部上場企業の新規口座がとれた。

こういった効果に枚挙にいとまがないのです。

製造業の営業戦略を考えるうえで、ここに書かれてある知識は必須です。一般書籍のような理想論ではありません。

最後に本冊子は、営業で悩まれている中小製造業経営者の方に限って、お配りさせていただきます。

オリジナリティー溢れる素晴らしいものなのに、販売面で苦戦している企業にこそ役立てて頂きたいからです。マーケティングと営業で、ちょっとした工夫を加えれば、売上がアップすることを、理解してもらいたいのです。

もし、ご興味を持たれたならば、いますぐお申込み下さい。
送料当社負担にて、郵送させていただきます。

● 本冊子の無償配布期間は終了しました。
多くの方からお申込頂き、誠にありがとうございます。現在は有償教材の一部としてご提供させて頂いています。

なお、当社では皆様の役に立つ特別レポートを随時更新してご提供しています。

現在、提供中のレポートについては、トップページに掲載していますので、そちらにてご確認ください。

マーケティングと営業が60秒で分る、メルマガ「売りの急所、60秒!」

  • 「マーケティング」と「営業」の急所が分り、気づきを得ることが出来ます。
  • 毎回、1テーマ、60秒で読み終わるので、時間を無駄にしません。
  • 無味乾燥な言葉が続いたり、売りを誘導する内容ではありません。
  • 「いつも素晴らしい気づきを、感謝です」「少しずつですが、社員が変化してきております」「無料では、もったいないですね」こういった嬉しいご感想も多く頂いています。
  • 配信頻度は3日に1回。14回までは営業系、以降マーケティング系に移ります。
  • いつでも、ワンクリックで、解除できます。
  • 短いので、携帯でも読むことが出来ます。
メールアドレス:
なぜ私は「売りの急所、60秒!」へのご登録を勧めるのか?

 


株式会社アルベックス
Copyright (C) Satoshi Takahashi and ULVEX Inc. All Rights Reserved