アルベックス 高橋聡
セミナー「ここを変えれば、ホームページの引合いは増える!」
最初に、・・・。 このセミナー、ちょっと変わっています。

御社サイトのどこに問題があるのか?どう変えれば、引合いが増えるのか?それをズバリお伝えするのが、このセミナーです。

御社サイトの問題点と変更ポイントをお教えしますが、コンサルティングではありません。

定員10社以下、セミナー時間は3時間。この条件のもとで最大の成果を、お持ち帰りできるように作りました。一般的なセミナーのように、説明して質問を受けて、あとは皆さん頑張ってください。そういうセミナーではありません。

内容をご説明しますね。

トヨタ自動車、松下電器をはじめ、東証1部上場企業197社が続々と問合せてきた事例を開示します。全く引合いのなかったサイトが、僅か1ページを加えただけで、引合いが急増したケースです。

まずはこの事例を頭に焼き付けてもらいます。これがゴール設定になります。その上で、どうして引合いが増えるのか? 集客ページの裏で動いているメカニズムと、テクニックを説明します。これにより、自社でどのようなポイントに注意したら良いかが分るでしょう。

誤解しないで頂きたいのですが、これは特殊な事例ではありません。よく過度に結果が出た事例を取り上げ、あたかもそれが全員に当てはまるかのように説明するセミナーがありますが、そのような事例ではありません。

ほとんどのサイトは、同じ仕組みを作ることができます。そして現実に引合いがアップしています。この事例を知るだけで、セミナーの元は取れるでしょう。

「何を集客商品にすべきか?」「どんな切り口で伝えるか?」レポートでも説明した通り、これで反応率の大枠が決まります。テクニックを一生懸命磨いても、集客商品の選定で、既に勝負の半分は決まっているのです。

  • 数ある商品から、集客に適した商品を選ぶには、何を考慮すればよいのか
  • 商品が一つの場合、どんな切り口で説明すれば、集客が機能するのか
  • 表現する時にどんな点を注意するのか?

48あるポイント、その全てを開示します。

この48ポイントを知ることは、御社に無限大の冨をもたらすでしょう。これは決して誇張ではありません。この各ポイントにゼロ要素があると、集客は機能低下します。

会社に帰ってからも、常に48ポイントをチェックすることで、御社サイトの反応率を継続的に引上げてくれます。

くれぐれも読み流さないで下さい。48個もあるのです。

ここでは逐一説明できないので、実感が湧かないかもしれませんが、1分づつ説明しても48分かかります。ここが今回のセミナー最大の目玉です。

さらに今回のセミナーが優れているのは、これがA4版1枚の紙にまとまっていることです。各ポイントは、相互に関連します。

買うという行為にどう関わるかが分りますので、物が売れていく要素すべてを漏れなく理解することができます。

バラバラに説明するセミナーはあるかもしれません。ただ、バラバラの説明では本人は分っても、聞き手は見落としてしまいます。漏れなく相互関係も含めて知ることで、あなたの頭に集客脳を作り上げます。

ここまでお読みになって、うちのサイトの説明はどう行われるのだろう、と思われたかもしれません。この点をどう作り込むかは、「あーでもない、こーでもない」と丸1日かけて考えました。

個々のサイトをご紹介しながら、問題点と変更点をご説明するのが理想的な形です。ただこの方法は1社15分にして、150分かかります。全体が180分ですから、説明が殆ど出来なくなってしまいます。

また各サイトの問題点は重複するものもあるでしょうし、個別に説明すると、各社20分は欲しいところです。

セミナーを丸1日にすれば解決しますが、そうすると気軽に立ち寄れるセミナーになりません。軽い気持ちで参加したら、凄いセミナーだった。これが私の目指すセミナーです。

全員が自社の問題に気づき、変更方法を知るにはどうしたら良いか? 私の答えは各ポイントを説明する中で、該当するサイトを取り上げる形になりました。

進め方として、最初に参加者全員のサイトを一つづつ、ご紹介します。その中で優れている点を中心に、変更すべき点も織り交ぜながらポイントを指摘していきます。この説明を聴くことで、今日のセミナーでどこを注意して聞けば良いかメリハリをつけることが出来ます。

次に全体説明をするなかで、各社が該当するポイントを指摘していきます。仮に御社サイトが集客商品の選定を間違えているとしましょう。その場合、48ポイントのどれに該当するかを考え、そのポイントを説明する中で取り上げます。

どの位の時間をかけて説明するかは、ケースバイケースですので、今は何とも申し上げられません。ただ、御社サイトの問題点が1箇所しかないことはありませんので、可能な限り、コメントしていきます。

今まで色々なセミナーに参加してきましたが、今回のセミナーはそれまでのどれにも似ていません。何故なら今回のセミナーは、参加者全員に対するいわゆる一般的なセミナーと、個別コンサルティングのハイブリッド! それら二つの要素が、どっちつかずの中途半端になるのではなく、強力な相互作用を起こし、深い理解と実践に向けての具体的な示唆を与えてくれる素晴らしい展開でした。
(P-PLANNING 株式会社 代表取締役 奥田和夫様)

とても良いセミナーでした。勉強になりました。まず参加されておられました他の企業様の事例を拝見することが出来、とても勉強になりました。また参加されておられる方々がとても勉強されておられることに感心いたしました。また、機会があればセミナーに参加させていただきたいと思っております。メルマガをチェックさせていただきますので、お誘いください。
(株式会社三友機械製作所 総務 徳永周子様)

昨日はご指導ありがとうございました。Webにはあまり詳しくないのですが、会社案内に止まらず集客のツールにしなければならない、というところ良く理解出来ました。 来訪者をさらに奥深いページまで呼び込む方法、担当者に考えるよう、指示いたしました。
(芳賀電機株式会社 常務執行役員東京支店長 田中正文様)

本日は今まで参加させて頂いたセミナーの中で、一番中身が濃く、大変勉強させて頂きました。以前に高橋先生のCDなど聞かせてもらってはいましたが、予想を超えた質の高さで、もっと早くこういったセミナーに参加しとけば良かったと、本当に後悔しました。今後の方向性がはっきり見えました。本当にありがとうございました。
(防犯機器販売 代表取締役)

帰りの新幹線の中でも読み返し、気づいた点が幾つもあります。WEBは手を掛ければ効果が出ますし、そのスピードも速いです。知識不足だった事にも危機感を覚え、良い機会を頂いたと思っております。まずはご指摘頂いた点は早い段階で改定して行き、クライアントの傾向を見ながら情報がある程度蓄積されたところで、リニューアルをしたいと思っております。
(パーソナル・スタイリスト 代表)

セミナーでは、高橋社長の「是非知ってほしい。理解して欲しい」という思いが伝わり、セミナーを受ける側の人たち、全員真剣だったと思います。分っているつもりでも、つい忘れてしまうことが多く、私は、定期的にセミナーに参加することで、いつの間にか自分の身体の中に正しい考え方が植えつけられるのではないかと思っています。ですから、今後もセミナーには、一定の間隔を置きながら参加させて頂きたいと思っております。アルベックス様のセミナーは、いつも本質的な部分の話をされておられるので、本当にためになり、ありがたいと思っています。
(印刷会社 代表取締役社長)


「他人の前で自社サイトが説明されるのは、恥ずかしいなぁ。」

こうお思いの方もいるでしょう。そんな方はぜひ、今回のセミナー会場の写真をご覧下さい。下記の写真です。

楕円テーブルを全員で囲んで、背もたれの大きな椅子で、ゆったりとした雰囲気の中で進められます。大人数の中で取り上げられるのとは環境が違いますので、ご安心下さい。

アットホームな雰囲気で、体はリラックスしながら、頭だけをフル回転させる。

良いセミナーです。あなたのご参加をお待ち申し上げます。

このセミナーは終了しました。

【セミナー名】 「ここを変えれば、御社サイトの引合いは増える!」

【会場】 弊社東京オフィス エグゼクティブルーム

東京都江東区有明3-1-25 有明フロンティアビルB棟9F

東京ビッグサイトの隣り。ゆりかもめ「国際展示場正門前」駅直結。りんかい線「国際展示場」徒歩5分。後日お送りする受講票に弊社地図は明記されています。

【定員】 10名。

同業の方の重複を避けますので、調整させていただく場合があります。また御社サイトを拝見させて頂き、今回のセミナーでは効果が出ない可能性が高い場合には、その旨ご連絡します。

【参加費】 30,000円(税込み)

【お支払】 当日弊社受付にて、現金でお支払下さい。

【次回開催について】

ご案内は、メルマガ「売りの急所、60秒!」にご登録の方に、優先してお送りしています。

マーケティングと営業を、毎回60秒で理解する、「売りの急所、60秒!」

メールアドレス:

 

お客様が入力した情報を保護するため、SSL(暗号化通信)を使用しています。入力された情報は解読不能な暗号に変換された上でサーバーに送信されます。 また、ご提供された情報は弊社プライバシーポリシーに基づき、厳重に管理されます。

株式会社アルベックス
Copyright (C) Satoshi Takahashi and ULVEX Inc. All Rights Reserved